引越本番
齣゙去時の敷金清算について

一般的に部屋を借りる際の初期費用には
「敷金」という項目があります。

「出る時に戻りますから」
というふうに仲介業者に言われますね。

一般的に「敷金」とは、
「賃借人が借りた家屋を明け渡すまでに生じた賃貸人に対する一切の債権を担保するものである 」
と定義されます。

簡単に要約すると、
部屋を借りて「住む」ということは相応のリスクを伴うことなので、
「ただ退去するだけではなく、また人に貸せるような状態に戻してから退去してくださいね」
という大家さん側に対する「保険」のようなものです。

例えば床が抜けたらその修理費用を、
壁紙がどうしようもなく汚れたらその交換費用を
「あらかじめ預かっているお金から出しますよ」という事です。

決して新品状態に戻す費用のことではありません。
この「敷金清算」にはトラブルがつきものです。

暮らしていれば絶対に汚れは生じるものですが、
管理会社によってはその「汚れ」に対しての過剰なまでの
費用を請求してくる悪徳業者もあります。

退去の際は必ず立会い、
清算の見積もり書を必ず確認しましょう。

ルームクリーニング等の
諸費用を差し引いた分が返金されるのは、
大体一ヶ月後です。

それを過ぎても返金されない場合、
大家さんに問い合わせるなどした方が良いでしょう。

~引越しなびへ

Copy right(C)
引越しなび
All Rights Reserved.