引越本番
齊w示は必要に応じて出そう

業者に対する指示は重要です。

箱の中身がなんなのかを的確に伝え、
「重ねないで欲しい」とか
「丁寧に」と伝えなければ、
業者はどんどん荷物を運んで行きます。

ですが、
あなたが指示を出す相手は運搬のプロですので、
何をどういう順番に運び、どう扱えば良いのか、
トラックの荷台にどう載せれば良いのか、
ということは良く知っています。

ですので、「的確に必要に応じて」指示を出すことが肝要です。
必要以上に細かく指示を出したりすると、
逆に作業の遅れに繋がりかねないからです。

具体的な指示の内容としては、
「その荷物は壊れやすいので慎重に」だとか、
「それは高価なので傷は絶対付けないように」
といった程度で構わないと思います。

また、新居に運び込む際は
特に部屋のレイアウトを分かりやすく伝えましょう。

業者が荷物を運び込む際、
「これはどこに置きますか?」という質問が多いはずです。
テキパキと答えてあげなければ、
作業が滞ってしまい、困ってしまいます。

業者に任せっぱなしにせず、
「一緒に」引越しをするという意識を持つようにしましょう。

~引越しなびへ

Copy right(C)
引越しなび
All Rights Reserved.