引越本番
齒煤Xの手続きを忘れずに

引越しはモノを運んで移り住むだけでは終わりません。
その住所に「住んでいる」という手続きを行う必要があります。

各区役所・市役所で
行わなければいけない手続きは以下です。

・住民登録
・国民健康保険
・国民年金
・乳幼児医療
・老人医療

・転出手続き
転出する日までに
印鑑、
国民健康保険証、
国民年金手帳、
老人医療証、
赤ちゃん医療証、
を持参し届け出てください。
「転出証明書」を受け取れるはずです。

・転入手続き
移転後14日以内に新居の区役所へ
転出証明書、
印鑑、
国民健康保険証、
国民年金手帳
を持参し、 届け出てください。

そして重要なのが郵便局です。
「住所変更届」を郵便局に出す必要があります。

住所変更届は葉書サイズの用紙で
郵便局の目につく所に置いてあります。
これに必要事項を書いて
切手を貼らずにポストに入れれば
1年間無料転送してくれます。

この他にも
金融機関・各種利用サービスの住所等、
全て変更する必要があります。

郵便局の転送手続きを行えば、
あなたが利用している各種サービスのDM等は
新居へ転送されて来るわけですから、
その都度変更するようにすれば大丈夫でしょう。

案外自分がどんなサービスに登録していたのかということは忘れがちですから、
郵便局の手続きだけは忘れないようにしましょう。

そして職場や学校等でも、
転居の手続きは必要になるはずです。
確認してみましょう。

~引越しなびへ

Copy right(C)
引越しなび
All Rights Reserved.