引越しの準備
齦s要品はリサイクルショップへ

引越しは普段の生活を見直す絶好のチャンスでもあります。
同じ場所で長く暮らせば暮らす程、
不要なモノは増えているはずです。

荷造りの過程で「これはいらないな・・・」と感じたものがあれば、
廃棄することよりもまず「リサイクル」を考えましょう。

聴かないCD、
読まない本は当然の事、
古くなってしまった家具や家電、
着なくなった服等、
まずはリサイクルショップの「見積もり」に出してみましょう。

「本」は連作版である場合、
全て揃っていると高く引き取ってくれます。

家具や家電は、
まずリサイクルショップの「電話見積もり」を受けてみると良いでしょう。
メーカー・購入年月日・傷の有無等から査定してもらえます。

モノによっては、
リサイクル業界全体が取り扱わないものもあります。

例えば「ロフトベッド」は
案外どのショップも引き取ってくれません。

大手であればある程、交渉しても無駄なもので、
個人経営の雑貨屋的なリサイクルショップ等であれば、
交渉次第で引き取ってくれる場合もあります。

そういった「業界から外れた品」には値段はつきませんが、
粗大ゴミとして処理をするのにも費用がかかるので、
「無料」で引き取ってくれるならばその方が良いでしょう。

~引越しなびへ

Copy right(C)
引越しなび
All Rights Reserved.