間違いの無い部屋探し
鼡熨K面から考える

引越しにはお金がかかります。
規模にもよりますから、一概に「いくら」と記せないのが残念ですが、
大きく分類するとこの二種でしょう。

・引越しのための費用
・新居の初期費用

この項では新居の初期費用について考えてみます。
まず、新居を「購入」された場合、
おそらく既にお手続きは済んでいることでしょう。
購入しないうちから引越しを考える方はいないと思います。

ですのでここでは「賃貸」の場合の初期費用にのみ触れます。
不動産屋さんの貼り紙や情報誌等で大きく書かれ、
私たちもやはり一番気になるのは「家賃」です。

これから毎月支払うものですから、
自分の収入やその他の支出と照らし合わせて、よくよく考える必要があります。

ですが、部屋を借りる時に発生するのは「前家賃」だけではありません。

敷金・礼金(関西では敷引きとも)、
そして仲介業者を介して借りる場合、「仲介手数料」というものが発生します。
その他にも、保険や鍵交換の費用もかかります。

「敷金」は大体家賃の1〜3ヶ月分
「礼金」は0〜2ヶ月です。

「仲介手数料」は業者にもよりますが、
原則として家賃の1ヶ月分です(これが業者の収入となります)。

保険は1万5千円〜2万円、鍵は1〜2万円程度でしょう。
これら全てが部屋を借りる際に必要となるのです。
もちろん、保険料と鍵交換以外は「家賃」が軸ですから、
やはり一番気にしておくべき項目にはなります。

ですが、
実際に契約する際はその額の3倍〜5倍を想定しておきましょう。

~引越しなびへ

Copy right(C)
引越しなび
All Rights Reserved.