間違いの無い部屋探し
齠居日について

契約をする際、
必ず決めなければならないことは「入居日」です。

入居日は初期費用にも関わるため、
見積もりの際に決めている場合が殆どでしょうが、
改めて整理してみます。

例えば、「実家→賃貸」の場合、

入居日はいつでも構いません。
引越しの準備や学校・職場の都合等も加味し、
無理のない予定を立てた上で決めましょう。

次に、
「賃貸(中途)→賃貸」の場合を考えてみましょう。

引き払う現在の住まいも賃貸であるのならば、
解約手続きが必要になります。

「解約」には、「何ヶ月前に予告」という決まりがあります。
大体1〜2ヶ月だと思いますが、
もし手元に現在のお住いの契約書があるのであれば、
明記されているはずですので確認しましょう。

もし契約書が見当たらない場合は、
管理会社に問い合わせましょう。

ですので、「賃貸(中途)→賃貸」の場合は、
最低でも解約予告期間分だけゆとりを持つ必要があります。

月半ばの解約・契約ですと、
現在の住まいも新居も「日割り家賃」が発生します。

新居の場合は日割り分のみ、
初回家賃に加算して支払えば良いのですが、
解約する方の家賃はそうはいかない場合が殆どです。

一旦1ヶ月分を支払い、解約後の清算・返金になると思われます。
「賃貸(中途)→賃貸」の方は、
その点も加味して、入居日の設定を行いましょう。

~引越しなびへ

Copy right(C)
引越しなび
All Rights Reserved.