間違いの無い部屋探し
黷アの部屋が良い!!だけど・・・・

条件的には申し分なく、内装・外装共にイメージとピッタリ!!
「だけど、この部分だけが・・・」

新居候補のちょっとした傷や痛んだ箇所は、
「これからここに住むぞ」という人にとっては大変気になるものです。

前の住人が退去してから時間が経っている場合、
清掃が入っていてもリフォームが入っていても
壁や床が劣化していることがあります。

日に焼けてしまったり、バスルームの鏡が錆びていたり・・・。

せっかくの新生活、
心機一転キレイなお部屋から始めたいのは誰もが思うことです。
そういう場合、遠慮なく営業マンにその旨を伝えましょう。

業者によっては、
入居日までに痛んだ箇所を補修してくれることがあります。

また、痛んだ箇所もそれでよければ、
という貸し出し方の場合、難しい場合もあります。

大手の仲介業者の場合、
補修してくれることは多いと思います。

特にファミリータイプのお部屋であれば
その割合は増す傾向にあるようです。

あなたの交渉次第で、
お部屋の潜在価値が増すことを、忘れないでおきましょう。

~引越しなびへ

Copy right(C)
引越しなび
All Rights Reserved.